So-net無料ブログ作成

はじめの一歩を踏み出そう [Book]


はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

  • 作者: マイケル・E. ガーバー
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2003/05/01
  • メディア: 単行本

今は起業家ブームである。しかし、会社から独立して起業してもうまくいく保証はない。
自分の知識とスキル、人脈でなんとかなっていた事業がうまく行くかなくなる。その失敗の原因は何か

自分一人で切り盛り出来ていたスタート時点から段々と事業が大きくなるにつれて、「起業家」、「マネージャー」、「職人」の3つの人格をうまくコントロールできなくなるからである。

成功するためには、ビジネスモデルをパッケージ化して、自分がやらなくてもできる仕組みを作ることである。
成功するための7つのステップは以下の通りである。
1 事業の究極の目標は何か。
  あなたが望む人生の目標とは何か。

2 戦略的目標
  人生の目標を達成するための一部として事業がある。
  どのような顧客にどのような価値を提供すると考えているのか。
  その事業は取り組む価値、つまり対価を得ることができるのか。

3 組織戦略
  個人に依存した事業には限界がある。
  自分一人ですべてを行うのではなく、組織で行う仕組みを作る。
  従業員に任せられる仕組みを作る。

4 マネジメント戦略
  従業員、事業、お金を管理するシステムを作る
  サプライズのサービスよりも安定した商品、サービスの提供が顧客を安心させ、満足させるのである。

5 人材戦略
  事業とはゲームである。
  従業員のやる気を起こさせ、成果を出すためには事業をゲームに見立てる。
  ゲームのルールを決める。(事業手順のマニュアル化)
  ゲームをクリアしたらご褒美をあげる(成果を出した者に報酬を与える)

6 マーケティング戦略
  顧客分析を行い、顧客に選択してもらえるように商品、サービスのデザイン、色、店舗、服装などを工夫する。

7 システム戦略
  システムにはハードシステム、ソフトシステム、情報システムの3つがある。
  ハードシステムとは店舗、備品などのモノである。
  ソフトシステムとは業務マニュアル、販売、会計等の業務系システムである。事業を行う仕組みである。
  情報システムとは業務系システムからのデータを分析する情報系システムである。事業改善のアイデアを発見するための仕組みである。
  これらを統合して、事業を発展させる。
  
事業の究極の目標、戦略的目標、組織戦略、マネジメント、人材戦略、マーケティング戦略、システム戦略はすべてに相互依存の関係である。
起業家が「職人」の人格だけで事業を経営するには限界がくる。
小さな会社でも大会社のように振る舞うことが大事なのだ。




nice!(0)  コメント(0) 

アーロンチェアの座り心地 [design]

憧れのアーロンチェアを購入した。
デザイナーやプログラマーの方々はよく使用している椅子である。
アメリカサイズの椅子であるが、違和感はない。
座った感覚はゴルフのスポーツシートに座った感覚に近い。
これから、この椅子に座ってバリバリ仕事をしよう!
IMG_0457 (1).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

夏のデザイン [design]

花火は夏の風物詩である。
川面を通り過ぎる風に心地よく癒されながら、花火が打ち上がる瞬間を待つ。
赤や黄色、青と様々な色が夏の夜を染める。
まだ、日中は暑い日が続くがこの瞬間は涼しい時間かと思ってしまう。
花火の美しさは永遠ではなく一瞬の儚さの美しさである。
それは、このまま涼しくならない。
また明日になれば暑い日が来るのを知っているのに今晩だけは花火に酔いたい人々の気持ちと同じである。
IMG_0368.jpg
IMG_0381.jpg
IMG_0399.jpg
IMG_0424.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

新旧の店舗デザイン [design]

太宰府天満宮の前の通りには数々のお店が立ち並んでいるが、その中で新旧のデザインを発見した。

一つは、大正、昭和の古き良き時代の珈琲店である。
かたや、最新のスターバックスのカフェである。
同じコーヒーを飲むにしてもどちらが好みかは人それぞれである。
同じ通りにこのようなデザインが共存しているのが面白い。
IMG_0304.jpg

IMG_0301.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ポケモンよりウルトラマンが好きだ [design]

今年はウルトラマン生誕50年である。
記念グッズの発売やテレビで特番が放送され、注目されている。
ただ、ポケンモンGoの配信が始まって、注目度が落ちたのが残念である。
IMG_0314.jpg
しかし、50代の親父世代にはポケモンよりウルトラマンである。
怪獣を倒すために地球に来た宇宙人の設定が、子供の頃ワクワクした。
初代ウルトラマン、ウルトラセブン、帰って来たウルトラマン(のちにウルトラマンジャックと命名)と懐かしくて、あの頃が蘇る。お祭りで買ってもらったウルトラマンのお面でウルトラマンごっこをしたりした。
親戚の叔父さんからウルトラマンの人形を買ってもらった時は最高に幸せだった。

そして、生誕50年を記念してバンダイから細かい可動が可能なフィギュアが発売された。
五千円以上の価格にもかかわらず大人買いしてしまった。
ウルトラマンはやはり永遠のヒーローである。

nice!(0)  コメント(0) 

日本人なら折り紙で鶴を折れますか? [中小企業診断士]

オバマ大統領が折り紙で鶴を折ったことが話題になった。
鶴の折り紙くらいで騒ぐのかと思った。

しかし、妻から「あなた、日本人はどれくらいの人が鶴を折れるのかしら」と聞くから
「そりゃ、99%くらいは折れるだろう」と答えた。
「じゃ、折ってみて」と言うので「わかった」と折り紙を折り始めた。
ところが、子供の頃から随分と鶴を折った記憶がない。
いざ、折り始めると途中まではできるが、最後はいびつな形になった。
妻も苦労した挙句に、YouTubeで鶴の折り方の動画を見て折った。
IMG_0246.jpgここで教訓。
基本はできていると思っていても、本当に使える基本なのかどうか検証が必要である。
イチローが毎日、同じルーティンを繰り返してバットを振るのは意味があるのだ。
初心忘るべからず。


nice!(0)  コメント(0) 

Siriもいいが起動を早くしてほしいMacOS [IT]

MacOS.jpg
Apple のイベントは事前に予想されたMacbook pro やAirの発表がなかった。
OSの発表だけだった。
 MacOSにSiriが搭載されるなど新機能の追加が発表された。
毎回、新機能の追加があると起動が遅くなるのが悩ましい。
Windows10は起動が早い。
MacOSも昔のように素早い動きにしてほしい。
Office製品などのアプリケーションの起動も早くしてほしいが、これはMicrosoftの問題か。

いずれにせよ今年の10月には新型Macbook pro にMacOSを搭載して発表となりそうだ。

nice!(0)  コメント(0) 

指原莉乃と白鵬の共通点を考える [中小企業診断士]

AKB48グループ選抜総選挙の結果、指原莉乃が1位で同選挙では初の連覇という快挙だった。


前田敦子や大島優子でも連覇はできなかったが、HKTに所属する指原莉乃が連覇したことで、色々と話が盛り上がっている。


 


さて、突然ですが指原莉乃と白鵬の共通点について考えてみたい。


まず1つ目のライバルを圧倒する絶対的な強さを持っている。


指原莉乃は、2位の渡辺麻友に6万票以上の大差をつけての1位である。


また、連覇という記録は1位を交互にとってきた前田や大島の時代とは違う。


この24万票の得票数も他を凌駕しており、とても追いつけそうにない。


白鵬は幕内最高の37回の優勝を誇る大横綱である。


最近の相撲の取り口については荒っぽいとか、横綱相撲でないとか批判があるが、きっちりと優勝の結果を出してる。


こちらも地位を脅かすほどのライバルが見当たらない。


 


2番目に強いが本命ではないため心から応援したくないファンがいることである。


指原莉乃は元AKBであるが、HKTの総支配人である。今回はグループ戦でAKB


がなんとか1位に返り咲いたが、HKTは3位に躍進している。


アイドルファンとしては本命のAKBの容姿端麗な女性が1位を取ることを望んでいる。


しかし、指原莉乃はセクシー写真集を出しているが、アイドル像としての可愛さは少し劣る。


しかし、軽妙なトークと本音の語り口は今までにないスタイルである。


これがおばさん連中にも人気がある。つまり、本命ではないのに憎たらしいくらいに人気があるのである。


白鵬もモンゴル出身の横綱である。相撲ファンにしてみれば日本人横綱が白鵬を倒すシーンを期待している。


しかし、そのような日本人横綱は当分現れそうにない。だから悔しいのである。


白鵬が横綱らしくないと思うのは日本人横綱ならもっと風格があるはずだという相撲ファンの信念があるからだ。


 


最後の共通点は本命ではないが、絶対的な強さを誇る勝者がいるアイドルグループ界も相撲界も興行的には成功している点である。      


ファンが期待する正統派アイドルや日本人横綱が現れることを期待しつつ、現在の勝者の動向が気になるのである。


この構図を面白がっている秋元康さんは指原莉乃の言動を特には悪いとは思っていない。


相撲界も白鵬がバラエティ番組での言動は大目に見ている。


業界的にはファンに注目されれば、儲かるので結構なのである。 


nice!(0)  コメント(0) 

POP作りを学ぶ [中小企業診断士]

POP作りのセミナーに参加した。
初心者コースで、文字や数字をPOP用の水性マジックで書く練習からスタート。
お手本のPOPを真似して書く練習があった。
数字の2や8、ひらがなの曲線がむづかしい。さらに太文字を同じ幅で書くのはコツがいる。

店頭の販促として欠かせないPOPですが、こんなにむづかしいとはわかりませんでした。
さらにお客様の心を引きつけるキャッチフレーズとなるとさらにむづかしい。
練習あるのみ。
13434027_1145003458912351_1476583118_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

BOSE music system IVの音と機能は素晴らしい [design]

BOSE のSoundTouch mucic system series IVをついに購入した。
昨年、モデルテェンジでIVになり、CDとラジオだけでなくインターネットラジオやBluetoothの設定がオプションなしでできるようになった。(従来のCDとラジオのタイプもあるが)
また、横にスリットが入ったフロントデザインからメッシュタイプに変更になり、よりエレガントになった。
その音は、このサイズからは想像できなかったほど低音が響く。
操作は基本的にはリモコンで行う。本体には操作キーはない。
電源のオンオフは本体上面に軽くタッチすることでできる。
普段はリビングに設置して、CDやインターネットラジオを聞き流すような使い方をしているが、じっくりと真正面から音楽を楽しむこともできる。
特にお気に入りはインターネットラジオ局が6局までリモコンにプリセットできることである。
設定はiPadにBOSEのアプリをインストールして行うが、いつでも好きな局を設定できる手軽さである。
これから、Bluetooth接続なども利用してみたい。
当分は、楽しい音楽ライフが続きそうである。
IMG_0119 (1).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。