So-net無料ブログ作成
中小企業診断士 ブログトップ
前の10件 | -

公平な報道はない。冷静な目で真実を見よう。 [中小企業診断士]

アメリカ大統領選挙の中、ヒラリー候補とトランプ候補の初めての討論の結果をアメリカのメディアはヒラリー優勢と報じたが、ネットではトランプ優勢と報じた。
さて、どちらが正しいのか。アメリカの大手テレビ局は民主党よりらしい。それで、ヒラリー優勢と報じるのは当たり前のことのようだ。

さて、日本はどうだろう。
TPP承認を目論む農業や医療分野などの規制改革の話題とか、韓国の慰安婦問題、中国の尖閣諸島領海への侵入問題など数々の報道がされているが、真実を伝えているのだろうか。
「ペンは剣より強い」と中立を装っているが、新聞、テレビ、雑誌はどれもマスコミには広告収入が欠かせない。
広告主の機嫌取りの記事を書いているのではないかと疑いたくなるようなゲスな記事も多い。
日本もアメリカと同じである。
私たちは、情報操作されているリスクを覚悟の上で見極めなければならない。

最近終わったNHKの「とと姉ちゃん」で花森安治がモデルの花山伊佐治編集長が「広告を載せると真実の記事が書けなくなる恐れがある。だから広告を載せずに本を買っていただく読者の方々だけを頼りに出版を続ける。それこそが、戦後の日本人、特に主婦や働く女性の方々に日々の暮らしを良くするための知恵や情報を伝えることができるのだ。」と力説していたのが思い出された。
真実を伝える公平な報道を貫く理想の出版の形である。ただし、現実は広告収入に頼るビジネスはネットの世界でも広まっている。我々はそこを踏まえて記事を読む冷静な目を養わなければならない。

nice!(0)  コメント(0) 

日本人なら折り紙で鶴を折れますか? [中小企業診断士]

オバマ大統領が折り紙で鶴を折ったことが話題になった。
鶴の折り紙くらいで騒ぐのかと思った。

しかし、妻から「あなた、日本人はどれくらいの人が鶴を折れるのかしら」と聞くから
「そりゃ、99%くらいは折れるだろう」と答えた。
「じゃ、折ってみて」と言うので「わかった」と折り紙を折り始めた。
ところが、子供の頃から随分と鶴を折った記憶がない。
いざ、折り始めると途中まではできるが、最後はいびつな形になった。
妻も苦労した挙句に、YouTubeで鶴の折り方の動画を見て折った。
IMG_0246.jpgここで教訓。
基本はできていると思っていても、本当に使える基本なのかどうか検証が必要である。
イチローが毎日、同じルーティンを繰り返してバットを振るのは意味があるのだ。
初心忘るべからず。


nice!(0)  コメント(0) 

指原莉乃と白鵬の共通点を考える [中小企業診断士]

AKB48グループ選抜総選挙の結果、指原莉乃が1位で同選挙では初の連覇という快挙だった。


前田敦子や大島優子でも連覇はできなかったが、HKTに所属する指原莉乃が連覇したことで、色々と話が盛り上がっている。


 


さて、突然ですが指原莉乃と白鵬の共通点について考えてみたい。


まず1つ目のライバルを圧倒する絶対的な強さを持っている。


指原莉乃は、2位の渡辺麻友に6万票以上の大差をつけての1位である。


また、連覇という記録は1位を交互にとってきた前田や大島の時代とは違う。


この24万票の得票数も他を凌駕しており、とても追いつけそうにない。


白鵬は幕内最高の37回の優勝を誇る大横綱である。


最近の相撲の取り口については荒っぽいとか、横綱相撲でないとか批判があるが、きっちりと優勝の結果を出してる。


こちらも地位を脅かすほどのライバルが見当たらない。


 


2番目に強いが本命ではないため心から応援したくないファンがいることである。


指原莉乃は元AKBであるが、HKTの総支配人である。今回はグループ戦でAKB


がなんとか1位に返り咲いたが、HKTは3位に躍進している。


アイドルファンとしては本命のAKBの容姿端麗な女性が1位を取ることを望んでいる。


しかし、指原莉乃はセクシー写真集を出しているが、アイドル像としての可愛さは少し劣る。


しかし、軽妙なトークと本音の語り口は今までにないスタイルである。


これがおばさん連中にも人気がある。つまり、本命ではないのに憎たらしいくらいに人気があるのである。


白鵬もモンゴル出身の横綱である。相撲ファンにしてみれば日本人横綱が白鵬を倒すシーンを期待している。


しかし、そのような日本人横綱は当分現れそうにない。だから悔しいのである。


白鵬が横綱らしくないと思うのは日本人横綱ならもっと風格があるはずだという相撲ファンの信念があるからだ。


 


最後の共通点は本命ではないが、絶対的な強さを誇る勝者がいるアイドルグループ界も相撲界も興行的には成功している点である。      


ファンが期待する正統派アイドルや日本人横綱が現れることを期待しつつ、現在の勝者の動向が気になるのである。


この構図を面白がっている秋元康さんは指原莉乃の言動を特には悪いとは思っていない。


相撲界も白鵬がバラエティ番組での言動は大目に見ている。


業界的にはファンに注目されれば、儲かるので結構なのである。 


nice!(0)  コメント(0) 

POP作りを学ぶ [中小企業診断士]

POP作りのセミナーに参加した。
初心者コースで、文字や数字をPOP用の水性マジックで書く練習からスタート。
お手本のPOPを真似して書く練習があった。
数字の2や8、ひらがなの曲線がむづかしい。さらに太文字を同じ幅で書くのはコツがいる。

店頭の販促として欠かせないPOPですが、こんなにむづかしいとはわかりませんでした。
さらにお客様の心を引きつけるキャッチフレーズとなるとさらにむづかしい。
練習あるのみ。
13434027_1145003458912351_1476583118_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

課長になった人の心構え [中小企業診断士]

課長になった時に大事な2つの心構えがある。
1つは、会社全体を考える思考を身につけることである。
 主任や係長の時は、自分の仕事を中心に考えれば良かったが、課長はそうではない。
 会社の経営者の考えを知り、その指示に従い部下を率いて経営計画を実行する。
 また経営者の判断を促す提案をするなど、会社の利益、メンバーの幸福や成長を支援することを考えなければならない。

2つ目は、周囲への感謝の気持ちを忘れないことである。
 会社の仕事はチームプレイである。いくら課長が優秀でも一人でできる仕事の量や質には限界がある。
 上司や部下、家族などの周囲に支えられて、今の自分があるのだと感謝の気持ちを常に忘れてはならない。
 自分一人の力で出世したのだと思い上がってはいけない。

新しく課長になって、今まで見てきた世界とは大きく違っているだろう。
自分がやりたい夢もあるだろうし、マネジメントの戸惑いもあるだろう。
新米課長は実践と失敗、そして学習するという繰り返しの中で、自分なりの成功のセオリーを見つけて欲しい。

nice!(0)  コメント(0) 

時間管理は1か月、3か月、1年、3年 [中小企業診断士]

新年度が始まり、新入社員や異動してきた社員やらでざわついている時期の会社も多いでしょう。
めでたくマネージャーに昇格した方もやる気と緊張で日々過ごされていると思います。

さて、仕事はそんなあなた方を待ってくれません。次々と仕事はやってきます。
スケジュール管理に追われて、自分を見失わないでください。
1日1日が大切な時間ですが、目先のことばかりに捉われていると、部長から「おい、あの報告書はいつできるのか」とか取引先から「この前、依頼した見積もりはいつ持ってきてくれるのか」などなど催促されてしまいます。

こんなことにならないように時間管理はしっかりと計画的にやりましょう。
時間管理の単位はポジションによって違います。それが1か月、3か月、1年、3年です。
・一般社員は1ヶ月先を見て仕事をします。
・主任や係長など中堅社員は3ヶ月先、つまり四半期単位で結果が出るようにします。
・課長やマネージャークラスは少なくとも1年先を見通してください。
・部長や経営幹部の方になるともっと先の3年先までの戦略は必要でしょう。
さあ、足元を見るのではなく、もっと前を向いて進もう!

nice!(0)  コメント(0) 

中小企業診断士更新登録完了 [中小企業診断士]

中小企業診断士登録証がやっと手元に来た。
初めての診断士更新登録だったので、この登録証が来るまで少し不安でした。
別に登録証がなくても経営コンサルタント活動は出来るのですが、やはり中小企業診断士は国家資格ですからお墨付きは必要です。
さあ、また5年間頑張るぞという気持ちになりました。

IMG_0001 (1).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

敢えてブームの逆を行くこともあり [中小企業診断士]

今の世の中のトレンドやブームの逆張りを敢えてチャレンジすることも面白い。
最近のグローバル化、IT化、少子高齢化の時代のブームを追いかける人は多い。
つまり、競争激化が益々予想される。

それで、その逆張りにビジネスチャンスを探ったら面白い。
1.英語ブームに対抗して、綺麗な日本語の使い方をマスターする。
漢字を書道でデザイン風に書く。英語を学びながら日本語を外国の人に教えることも面白い。

2.グルーバル化に対抗して、日本史や地域文化を徹底的に掘り下げる。
歴史は為政者によって作られたところが宿命であるが、地域の歴史から日本の歴史を再構成してみるのも面白い。

3.メールによるコミュニケーションの時代だからこそ、話すことに磨きをかける。
ビジネスでは文書にすることが尊重されるが、相手の心をつかむのは音による言葉の力も大きい。メールで「ありがとうございます」と送られるよるも、目の前で心をこめて「ありがとうございます」と言われる方が何倍もうれしいはずだ。話すコミュニケーション能力を磨いてほしい。

これ以外にも世の中の人々が飛びついている事象を追うばかりではなく、冷静に「市場」と「自分がやれること」「やりたいこと」を見つめ直しして、事業プランを立てるべきである。



nice!(0)  コメント(0) 

中小企業診断士を目指す方へ [中小企業診断士]

大分県中小企業診断士協会が平成28年度中小企業診断士試験向けの受験講座を開催します。
診断士を目指す方は、独学もいいですが、是非説明会に参加してください。



nice!(0)  コメント(0) 

金融機関と共に中小企業支援 [中小企業診断士]

大分県内の金融機関と中小企業診断士協会が提携して、中小企業支援を行うことが地元の新聞に紹介された。
丁度、私がものづくり補助金申請の企業支援をしているところが写真で掲載された。
少しでも中小企業のお役に立てれば活動を継続したい。

123.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 中小企業診断士 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。