So-net無料ブログ作成
検索選択

mac OS Sierraは快適なOSである [IT]

Mac book proの購入は少し先延ばしになりそうなので、iMacのOSをmac OS Sierraにバージョンアップした。
このOSの良さは、Siriが使えることよりも動作が機敏になったことだ。
動作の実測はしていないが、前のOSよりも体感的に速いと感じる。
今度のMacbook proは最初からこのmac OS Sierraが搭載されており、私のiMac(2013Late)より快適かもしれない。どうだろうか。買ってみないとわかりません。
いやいや、妄想が膨らむばかりだ。
スクリーンショット 2016-10-29 17.43.55.png

nice!(0)  コメント(0) 

Macbook pro 新型発表に興奮 [IT]

本日、ついに噂の新型Macbook proが発表された。
薄く、軽く、よりパワフルになって登場だ。
ただUSB-Cタイプが4つとなり、従来のUSBやSDカードHDMIには変換アダプタが必要になる。
しかし、これは物欲をそそられる。
実物を見てから、新型機のパフォーマンスを選ぶか、旧型機の使い勝手の良さを取るか決めよう!
(買う気満々だが、妻にはまだ内緒です)
macbook pro 2016.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

2016年11月にゴルフ7のマイナーチェンジがあるらしい!? [VW Golf]

ディラーから10月にゴルフ7を買うと下取り価格の上乗せしますよと言われ、買う予定もないのに悩んでいたら、大きなニュースが飛び込んできた。
どうも、11月にゴルフ7が2012年発表以来、初めて大きなバージョンアップの発表をするらしい。
主な変更点
1 フロントの変更、いわゆるフェイスリフトをする。Golf Alltrackのフロントに近いイメージ。
2 内装ナビが大画面化する。追加機能は不明。

1年前のディーゼルエンジンの不正問題からフォルクスワーゲンブランド低下は続き、業績回復の切り札としてゴルフ8の前倒し導入が予想されていたが、そうではないようだ。
ゴルフ7のチェンジぶりを見てから、ディラーさんの話を聞くことにしよう。

詳しくは下記で確認してください。

nice!(0)  コメント(0) 

五稜郭は城ではなく行政機関だった [design]

IMG_0534.jpg函館の五稜郭は明治時代に榎本武揚らが立てこもり、明治政府軍と交戦した場所である。
もともと、城ではなく徳川幕府が蝦夷地を統括する行政機関の建物として建てられたが、平屋の構造でも侵入者を防ぐための工夫が西洋流の城郭技術を取り入れた。例えば、城のように天守閣から四方を見渡すことができないので、五角形の角に見張りを配置して、死角を無くして警備した。掘りも深く掘り、容易には渡れないようにした。ただし、冬になると掘りの水が氷るため、防御力は弱かったようだ。
五稜郭の近くの五稜郭タワーからその全貌が見渡すことができるが、春は桜の名所で綺麗な景色が見ることができるらしい。9月に訪れた時は、紅葉には早く、青々とした木々が見えるだけであったが、その特異な形は印象的であった。

nice!(1)  コメント(0) 

公平な報道はない。冷静な目で真実を見よう。 [中小企業診断士]

アメリカ大統領選挙の中、ヒラリー候補とトランプ候補の初めての討論の結果をアメリカのメディアはヒラリー優勢と報じたが、ネットではトランプ優勢と報じた。
さて、どちらが正しいのか。アメリカの大手テレビ局は民主党よりらしい。それで、ヒラリー優勢と報じるのは当たり前のことのようだ。

さて、日本はどうだろう。
TPP承認を目論む農業や医療分野などの規制改革の話題とか、韓国の慰安婦問題、中国の尖閣諸島領海への侵入問題など数々の報道がされているが、真実を伝えているのだろうか。
「ペンは剣より強い」と中立を装っているが、新聞、テレビ雑誌はどれもマスコミには広告収入が欠かせない。
広告主の機嫌取りの記事を書いているのではないかと疑いたくなるようなゲスな記事も多い。
日本もアメリカと同じである。
私たちは、情報操作されているリスクを覚悟の上で見極めなければならない。

最近終わったNHKの「とと姉ちゃん」で花森安治がモデルの花山伊佐治編集長が「広告を載せると真実の記事が書けなくなる恐れがある。だから広告を載せずに本を買っていただく読者の方々だけを頼りに出版を続ける。それこそが、戦後の日本人、特に主婦や働く女性の方々に日々の暮らしを良くするための知恵や情報を伝えることができるのだ。」と力説していたのが思い出された。
真実を伝える公平な報道を貫く理想の出版の形である。ただし、現実は広告収入に頼るビジネスはネットの世界でも広まっている。我々はそこを踏まえて記事を読む冷静な目を養わなければならない。

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。