So-net無料ブログ作成

札幌と函館の夜景対決 [design]

日本の三大夜景といえば、長崎、神戸、函館と思っていたが、昨年の新三大夜景は、長崎、神戸、札幌だそうだ。
さて、函館と札幌のどちらの夜景が素晴らしいのか。
そもそも、人口が函館市29万人に対して、札幌市は190万人であるから、夜景の規模が違う。
しかし、規模の違いからだけでなく、藻岩山から夜景を鑑賞するための道路、交通機関、施設の整備が進み、より快適に夜景が楽しめるようにしたところがポイントらしい。
さて、どちらの夜景が好みだろうか。

函館山からの夜景
IMG_0568.jpg


藻岩山ではなく札幌JRタワーからの夜景
IMG_0630.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

はじめの一歩を踏み出そう [Book]


はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

  • 作者: マイケル・E. ガーバー
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2003/05/01
  • メディア: 単行本

今は起業家ブームである。しかし、会社から独立して起業してもうまくいく保証はない。
自分の知識とスキル、人脈でなんとかなっていた事業がうまく行くかなくなる。その失敗の原因は何か

自分一人で切り盛り出来ていたスタート時点から段々と事業が大きくなるにつれて、「起業家」、「マネージャー」、「職人」の3つの人格をうまくコントロールできなくなるからである。

成功するためには、ビジネスモデルをパッケージ化して、自分がやらなくてもできる仕組みを作ることである。
成功するための7つのステップは以下の通りである。
1 事業の究極の目標は何か。
  あなたが望む人生の目標とは何か。

2 戦略的目標
  人生の目標を達成するための一部として事業がある。
  どのような顧客にどのような価値を提供すると考えているのか。
  その事業は取り組む価値、つまり対価を得ることができるのか。

3 組織戦略
  個人に依存した事業には限界がある。
  自分一人ですべてを行うのではなく、組織で行う仕組みを作る。
  従業員に任せられる仕組みを作る。

4 マネジメント戦略
  従業員、事業、お金を管理するシステムを作る
  サプライズのサービスよりも安定した商品、サービスの提供が顧客を安心させ、満足させるのである。

5 人材戦略
  事業とはゲームである。
  従業員のやる気を起こさせ、成果を出すためには事業をゲームに見立てる。
  ゲームのルールを決める。(事業手順のマニュアル化)
  ゲームをクリアしたらご褒美をあげる(成果を出した者に報酬を与える)

6 マーケティング戦略
  顧客分析を行い、顧客に選択してもらえるように商品、サービスのデザイン、色、店舗、服装などを工夫する。

7 システム戦略
  システムにはハードシステム、ソフトシステム、情報システムの3つがある。
  ハードシステムとは店舗、備品などのモノである。
  ソフトシステムとは業務マニュアル、販売、会計等の業務系システムである。事業を行う仕組みである。
  情報システムとは業務系システムからのデータを分析する情報系システムである。事業改善のアイデアを発見するための仕組みである。
  これらを統合して、事業を発展させる。
  
事業の究極の目標、戦略的目標、組織戦略、マネジメント、人材戦略、マーケティング戦略、システム戦略はすべてに相互依存の関係である。
起業家が「職人」の人格だけで事業を経営するには限界がくる。
小さな会社でも大会社のように振る舞うことが大事なのだ。




nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。